滞納時の豆知識|早めの不動産売却が大切|任意売却の前に知っておく

早めの不動産売却が大切|任意売却の前に知っておく

住宅のイラスト

滞納時の豆知識

婦人

住宅ローンの滞納と任意売却についての豆知識

住宅ローンの滞納が続くと、都市銀行や信用金庫では早くて3ヶ月で競売の申し込みをします。そうなると、競売の取り消しをすることは難しくなるので、住宅ローンが払えなくなったら素早く任意売却の手続きに入らなくてはなりません。ほぼ市場価格で売れること、手持ちのお金がゼロでも行なえること、近所に知られることがないこと、引越し費用などが捻出できる可能性があることなど、競売に比べてはるかにメリットが大きい任意売却ですが、注意点もあります。任意売却は100%成功するわけではないということです。任意売却の手続きは非常に複雑なので、経験の浅い業者に依頼すると時間切れで競売に入ってしまったり、希望価格で売れなかったりすることもあります。また、悪徳業者も存在するようで、法外な手数料を取られたり、しなくてもよいのに自己破産をさせられたりすることもあるようです。手数料は宅地建物取引法という法律で一律に決められているので、法外な手数料を請求してくる業者には注意が必要です。不況により不動産価格が担保割れし、住宅ローンが不良債権化することが増えました。住宅ローンが支払えなくなった場合は任意売却を検討してみましょう。

住宅ローンが払えなくなった時はどうなるか

住宅ローンが払えなくなって、滞納をして放っておくと、自動的に競売が開始されてしまいます。競売はかなりデメリットの大きい方法ですのでお勧めできません。具体的には、物件が市場価格よりかなり安い値段で売られてしまうことや、そのためになお多額の住宅ローンが残ってしまうこと、近所に知られてしまうため精神的な負担がかかることなどです。競売が開始される前なら、任意売却という解決方法もあります。任意売却では、物件は市場価格に近い値段で売られる、なお住宅ローンが残っても無理なく返済できるプランを相談できる、近所に知られないなどと競売のデメリットを克服しています。任意売却の手続きには通常1ヶ月〜3ヶ月かかりますので、相談する時期が遅いと時間切れで競売が始まってしまうこともあります。相談する時期が早ければ早いほど満足のいく解決方法が取れる可能性が高まりますので、住宅ローンが払えなくなったらできるだけ早く任意売却の専門家に相談することが大切です。